2017年6月25日 更新

【熊木杏里さん】生きる糧になる"歌"を贈りたい〈美ボイス推進委員会インタビュー 〉

「語りの声」を持つシンガーソングライター熊木杏里さんが美ボイスに初登場!その知られざる歌声の根底にあるものとは?デビュー15周年目を迎え、6月にリリースされたNEWアルバム「群青の日々」の裏話とともに直撃インタビュー!

今回の美ボイス推進委員会スペシャルインタビューは聴く人の心を癒やし、励まし、明日への希望へと導いてくれる「語りの声」を持つシンガーソングライター・熊木杏里さん。これまでにも多くのドラマや映画、CMにタイアップ曲を提供し、国内外でのライブやコンサートを成功させてきた彼女の歌声の秘密とは?活動から15周年、6月28日(水)にリリースされたNEWアルバム「群青の日々」への内に秘めた思いをとは?ライブCDの裏話とともにお届けします!
 (410)

美ボイス:本日はどうぞよろしくお願いします!

熊木:よろしくお願いします。(笑)

美ボイス:今年でデビュー15周年目を迎えるとのことですが、デビュー当時と今、歌に対する想いは変わりましたか?

熊木:そうですね、変わったと思います。15年の間には当然色々なことがあって、「歌」に限定しただけでも例えば声が出ない時期なんてのもあったし、年齢的なことを感じる時期もありました。だからこそ、昔に比べて自分の「声」についてすごく考えるようになったし、よりいっそう大事なものになってきたなと感じています。15年経っても歌い手として活動できる場を与えてもらっていることはありがたいですね!だからこそ、自分の声で届けたいし、「今の自分」を届けたい。それに結婚や出産を経て前よりも責任感が出てきたなと思います。

美ボイス:結婚や出産があると周りの環境もガラッと変わりますよね。

熊木:出産してからしばらくは子どものことで頭がいっぱいになってしまって。忙しくて歌えなかった時期があったんです。その時は自分が見放されるんじゃないか?とか社会から置いていかれる!とか、母になることで感じる焦りが出てきて。どこか閉ざされたところに自分がいるような感覚になっていました。でも歌を歌うことへの不安はなかったし、むしろ歌いたい気持ちは沸き上がってくるんですよ。そんな色々なことを経て、今、すごくやる気に満ちています!

美ボイス:社会から置いていかれる焦り…!仕事をしている女性なら誰もが1度は感じることですよね。その不安な気持ちをどのようにして乗り越えたのでしょうか?

熊木:今こうしているということが全てだと思います。新しいレーベルに移籍ができて、引き続き自分の作品をつくることができて。そして協力してくれる人がたくさんいる。だから私も「自分」をどんどん出して、やりたいことができたし、ここからやっていけると思いました。そして何よりファンの人たちからの応援ですね。とてもとても感謝しています!
 (419)

美ボイス:熊木さんはご自身で作詞作曲を手掛けていますよね。曲作りについても教えて頂けないでしょうか?

熊木:「歌詞」と「曲」、一緒にできることが多いです。歌詞を書き始めるまでは何を書くのか全く決めていない状態なのですが、自分の「想い」を探していると最初に言葉が出てくるんです。例えば、「朝が怖い」と自分の中にある気持ちを発見したらそれを表現していきます。「あぁ、朝が怖いんだ!」という気持ちの傷口を広げていく感じ。曲をつくるときは日常のふとした感情がきっかけになることが多いですね。ファンの人からもらった手紙とか読んでみて、そこから沸き上がった気持ちを曲にしてみるとかもありますよ。歌詞と曲を同時進行でつくって出来上がったものを調整して完成させていきます。

美ボイス:自分の中にある気持ちを発見する…熊木さんらしいですね。そして気になることがもう一つ!フォーク的な要素が含まれている熊木さんの楽曲ですが、ルーツはどこからですか?

熊木:もう井上陽水さんですね!学生時代、友達と上手くコミュニケーションが取れなかった自分を助けてくれたのが井上陽水さんの歌でした。教訓じゃないんですけど、本を読んでいるような気持ちで井上陽水さんの歌詞を読んでいました。生きることの助けになる言葉を書くようになりたいなっていう想いが今の歌詞や曲に反映されていると思います。
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【林部智史さん】「声」を磨けば「歌」も磨かれる。<美ボイス推進委員会インタビュー#1>

【林部智史さん】「声」を磨けば「歌」も磨かれる。<美ボイス推進委員会インタビュー#1>

ただ、聞いているだけなのに涙が止まらない。心を揺さぶる"泣ける歌"を歌う、注目の男性ソロシンガー・林部智史さんが登場!どうしたら人の心を動かす歌を歌うことができるのか?新曲の裏話を交えて、独占インタビュー♪
izumi |
思わず口ずさみたくなる!親子で楽しめる歌声がステキな映画たち♪

思わず口ずさみたくなる!親子で楽しめる歌声がステキな映画たち♪

リズムに合わせて、思わず一緒に歌いたくなる映画と言えば?子どもから大人まで、誰が見ても共感できる鉄板映画をお届け!
izumi |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

izumi izumi